餓死者慰霊碑
Bia tưởng niệm nạn nhân chết đói

 
1951年(卯年)に建てられた慰霊碑。
”Nơi an giấc ngàn năm của đồng bào chết vì oanh tạc và nạn đói
(戦火と飢餓により亡くなった同胞の安らかなる永眠の地)
1944 - 1945 ”と記されている。
周りは住宅が建ち込み狭い場所だが、綺麗にされている。
撮影:2014年10月24日
  
 

 キムギウ通りの細い路地を入ったところに、第二次大戦中の1944年末から45年にかけて餓死された方々の慰霊碑があります。

 19409月、日本軍はフランス植民地であったベトナム北部(インドシナ)に進駐、ベトナムを、フランスと日本の二重支配下に置きました。そして戦争末期の194539日、日本軍はフランス総督府を指揮下に入れるため武力行使を行い(明号作戦)、終戦まで駐留します。

 このような状況の中、1944年秋の台風により、ベトナム北部・北中部は米の不作に見舞われます。更に、日本が水田をジュートなどの軍用作物の栽培に替えたことや、フランス総督府が米の貯蔵や移動禁止令をだしたこと、米軍の爆撃により道路や鉄道が寸断され南部からの米の輸送ができなかったことなどが重なり、多くの人々が餓死しました。犠牲者数については、ベトナム民主共和国の独立宣言の中で「200万人が餓死した。」とされましたが、定かではありません。

 慰霊碑は、周囲を住宅に囲まれた狭い場所にありますが、横の建物には慰霊碑建設当時の写真などがあり、祭壇が設けられています。


 慰霊碑建設当時の写真
撮影:2014年10月24日
最後の曲がり角の表示
撮影:2014年10月24日
 
 

所在地:hẻm 559/86/17 phố Kim Ngưu, Hà Nội

行き方など:車の場合、キムギウ通り(キウギウ川の東側)559番で下車。徒歩で小路(Ngõ 559 Kim Ngưu)に入ります。しばらく歩き86番を右折、さらに17番を左に曲がるとつきあたりにあります。門が開いているのは旧暦1日と15日。その他の日は、門のところに書いてある電話番号に連絡し、開けてもらいます。







ハノイ歴史研究会トップページへ
 このページのトップへ



Copyright (c) 2011 Hanoi Rekishi Kenkyukai All Rights Reserved



inserted by FC2 system