クアンスー(館使)
Chùa Quán Sứ

~ ベトナム仏教教会本部 ~

 
クアンスー寺の三関門。
門の手前左右には、菩提樹の木が茂る。
撮影:2013年7月31日
場所:クアンスー寺、ハノイ
 
 

 後レー(黎)朝時代(前期14281527、後期15331789)この辺りには、チャンパやラオス、その他の国々から訪れた使節のための宿泊施設(=Quán Sứ)があり、それに隣接して、仏教徒の使節らのための寺・クアンスー寺が建てられていました。1855年につくられた碑に刻まれている進士レー・ズイー・チュンの碑文によると、「ザーロンの時代(18021819)の初め、寺の近くに駐屯地があったため、兵士達の祈祷の場所を提供するために寺を改築した。駐屯していた軍が退くと、寺は村の管理に戻された。」とあります。1934年に、ここに北部仏教教会本部が置かれ、寺は全面的に建て直されました。

 三関門の屋根は三層で、中央は鐘楼になっています。門をくぐると、回廊のある大きな本堂と、本堂を囲むように図書室や客間、僧坊などがあります。本堂の背後には、祖師堂があります。

 本堂の中央の須弥壇には、三世仏、阿弥陀仏、釈迦如来などが祀られ、左右には、准胝観音、地蔵菩薩が安置されています。中央の天井からは、誕生仏が吊り下げられています。回廊には、リー(李)朝時代(10101225)の高僧コンロ(空路 Không Lộ)が祀られています。

 門の左右の歩道には常に供物や花などの店が並び、付近には仏具や仏教関連の書物などを売る店が軒を連ねています。旧暦1日と15日には、特に多くの参拝者が訪れます。

   
 本堂
撮影:2014年5月23日
 


    
 本堂の天井から、
誕生仏が吊り下げられている。
撮影:2014年5月23日
阿弥陀如来、釈迦如来(左手前)
撮影:2012年2月6日
 


      
 側面の壁に、法輪が描かれている。
撮影:2013年5月29日
花屋供物などを売る店
撮影:2012年2月6日 

   

参考文献: Chùa Việt Nam Buddhist Temples in Vietnam, Hà Văn Tấn, Nguyễn Văn Kự, Phạm Ngọc Long, Nhà Xuất Bản Khoa Học Xã Hội, 2004


所在地: 73 Quán Sứ, Hà Nội







ハノイ歴史研究会トップページへ
 このページのトップへ



Copyright (c) 2011 Hanoi Rekishi Kenkyukai All Rights Reserved



inserted by FC2 system